トップ 全体計画 アクセス フロア図 物件概要 設備概要
EQUIPMENT 設備概要
オフィスとしての空間性能についてオリナスタワーがお応えできること
 
信頼性の高いセキュリティ対策  
非接触型ICカードキーによる最新のセキュリティシステム   エレベータ不停止対応
オフィスフロア各階事務室扉に、最新テクノロジーを導入した非接触型カードキー利用のセキュリティシステムを導入しています。アクセスコントロールにより、扉毎の制御も可能です。   セキュリティと連動したエレベータ不停止機能を導入し、フロア単位でのセキュリティも確保しています。
有人管理と機械警備による監視体制
館内共用部には監視カメラ、専用部には空間センサーが設置され、防災センターでは365日24時間の有人管理を実施。そのため24時間の入退室も安心して行えます。
 
   
さらに進化を続ける空間性能  
   
基準階2,900mmの天井高   グリッド式システム天井
基準階では天井高2,900mmを確保し、オフィス内、共用廊下の一部にOA床100mmを装備。これにより配線の拡張や更新などにもスムーズに対応できます。   グリッド式システム天井を採用。レイアウトの自由度が高まり、間仕切り変更にも容易に対応できるため、工事コストの低減も可能となります。
リフレッシュコーナー   照明消し忘れ防止機能
4階から30階までの各階共用部分にリフレッシュコーナーを設置しています。   セキュリティと連動した各階事務室の照明・空調消し忘れ防止機能を導入しています。
光ファイバーを各階に実装済   共用EPS内のLANスペース
大容量で安定した高速の通信環境が整備されています。世界に直結した光ファイバーを各フロアまで装備しています。   フロアをまたぐ社内LAN等の構築に利用できるシャフトスペースを確保しています。
電源供給の安全性に対応   ゆとりのコンセント容量
電気系統の二重化に加え、ビル防災用以外にも、テナント用発電機設置スペースを確保しました。   基準階容量はゆとりの50VA/m2
(用途に応じて増量対応も可能です)
身障者用設計   空調時間外運転の自由設定
身障者のための専用トイレを設置(1F)するなど、バリアフリーに対応した設計となっています。   空調の時間外運転について自由な設定が可能です。
   
オフィスの安全性を追求した構造・システム
人命の安全はもちろん、ビルの主要機能を維持する制振構造
従来の「建物は揺れても崩壊させない」耐震構造ではなく、「揺れそのものを抑える」制振構造を採用。通常の超高層ビルに比べて1.5倍以上の構造安定性を実現。阪神淡路大震災クラスの地震でも、人命の安全はもとより、ビルの主要機能も維持できます。
   
Copyrights  Tokyo Tatemono Co.,Ltd.All Rights Reserved.